トップページ

関西の中心都市大阪。

2つの空港と、1つの新幹線の駅があり、全国のどこからも行きやすいところです。
そんな便利な都市だけに、交通手段に迷います。

例えば、福岡や東京から行くなら飛行機か?新幹線か?
岡山からはバスで行くと、新幹線よりいくら安く行けるのか?
名古屋からはバスで行くと何時間かかるのか?

など、いくつかの選択肢があるだけに迷いも生じます。
そこで、このサイトでは、各地から大阪までの交通手段の選び方をお伝えしながら、大阪の有名な観光地などもご紹介していきます。

では、まず簡単に飛行機・新幹線・バスの3つの交通手段について簡単にご紹介しましょう。

 

飛行機

移動時間の短かさで選ぶなら、もちろん飛行機。

大阪には大阪国際空港(伊丹)と関西国際空港(関空)の2つの空港があります。
イメージとしては、関西国際空港は国際線を中心に、国内線も運航している空港。
大阪国際空港は、国際線もあるが、国内線中心の空港。

国内の多くの空港からは、大阪国際空港までの直行便があります。
ただし、直行便はほぼJAL・ANAの2社のみでLCCの運航はありません。

LCCが乗り入れているのは関西国際空港。
ジェットスターやピーチを使って格安に大阪に行くことも可能です。

 

新幹線

便利さで選ぶなら、新幹線以外には考えられません。

新大阪駅までは、東京・横浜方面からも直通。
広島・山口方面からも直通。
九州新幹線の開通により、九州の各地からも直通で行けます。

新幹線がいいのは、本数が多いこと。
東海道新幹線にいたっては、在来線のような本数の多さです。

利用者数も一番多く、新幹線が通っている都市から行くなら、最初に考える手段はまず新幹線でしょう。

 

 

バス

料金の安さで選ぶなら高速バスですね。

夜出発して朝到着する夜行バス、日中に運行している高速バス。
遠い出発地からは夜行バスが中心ですが、近場の出発地からは日中の移動も可能です。

特に移動費用がかけられない学生の方や、若いビジネスマンにも人気の高速バス。
人気なだけに設備も進化し、夜行バスの中には快適なシートを備えたバスもあります。

 

このようにいろいろな移動手段が考えられる大阪。
あなたはどの手段を選びますか?

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ