大阪行きに使える新幹線の割引きっぷ

新幹線で大阪へ行く時に使える割引きっぷを紹介します。

東京方面からと、博多方面からで割引きっぷの種類が違います。
出発する駅ごとに使えるきっぷが違いますが、大阪へ行く時にはぜひ参考にしてください。

東京・名古屋方面から

新幹線自由席用早特往復きっぷ

名古屋と新大阪の間でのみ利用できるきっぷで、1週間前まで購入できます。
自由席であればどの列車でも乗ることができますが、名古屋からならこだまでもそれほど時間は変わりませんので「こだま」でも十分です。
参考:新幹線自由席早特往復きっぷ

ぷらっとこだま

東京と大阪の間の区間でJR東海ツアーズで販売されている「ぷらっとこだま」。
こだまの指定席またはグリーン車のみ利用でき、1ドリンク引換券付。
指定した列車以外は一切乗ることはできないという条件付きですが、料金は安いです。

プラスEX

東京と新大阪の間の東海道新幹線のみ割引料金で予約できる「プラスEX」。
同様のエクスプレス予約より年会費は安いが、きっぷの料金は高い。
「早特」に関してのみエクスプレス予約と同じ料金なのでお得。

広島・九州方面から

スーパー早特きっぷ

小倉・博多から大阪まで使える格安なきっぷ。
ネット予約の会員登録が必要で、14日前まで購入できます。

こだま早特往復きっぷ

小倉・博多と大阪の往復で利用できる往復セットのきっぷ。
こだま指定席のみ利用でき、14日前までに購入すれば、料金はなかなかの安さです。

こだま指定席往復きっぷ

岡山・広島などから大阪への往復で使えるきっぷ。
乗車できるのは「こだま」と一部の「ひかり」。
2名以上で前日まで購入できます。

eきっぷ・e早特

九州から大阪までで使えるJQカード会員限定のきっぷ。
当日でも購入でき、何度でも変更可。

大阪・神戸早特往復きっぷ

熊本・鹿児島から大阪への往復が安くなるきっぷ。
21日前から7日前まで買うことができます。

新幹線大阪往復割引きっぷ

福岡・北九州(博多・小倉)から大阪への往復で使えるきっぷ。
当日買っても安くなるので便利です。

以上、参考サイト(JR西日本JR九州

共通で使えるもの

東京・名古屋方面からも、広島・九州方面からも使える方法です。

回数券

ほとんどの区間では6枚1セットで販売されている回数券。
チケットショップ等では1枚から買うこともできます。
新幹線が混雑する一部の時期には使えませんので事前に確認が必要です。

往復割引

601キロ以上の区間の往復乗車券を買うと割引になります。
大阪までは博多や九州各地から、仙台・福島などからは往復割引になります。

新幹線パック

ホテルと新幹線のチケットがセットになって安くなるツアー。
全くの個人旅行ツアーなので、多少のルールはあるものの駅できっぷを買うのとあまり変わりはありません。
目的地へ行って泊まるシンプルな旅行なら、料金はかなり安いです。

エクスプレス予約

東京と博多の間で利用できる割引予約サービス「エクスプレス予約」。
エクスプレスカードかJ-WESTカードが必要。
当日でも予約でき、1年中割引料金で新幹線に乗れます。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ